世界経済と資本主義、金融市場と投資の関係

finance

今日、世界経済は金融主導型資本主義と思われています。
簡単に説明しますと、大きな金融市場が動きその後経済が動くという、経済フォローワー型主義でした。しかし、現在の資本主義、世界経済の実態は近年徐々に変化してきています。

グローバル目線で紐解いていくとアジア地域の急激な発展が実態化しており教育レベルの高度化で経済的国境がなくなりつつある実情です。この意味は、新しい仕組みの金融主導型資本主義の始まりであり、将来的には明るい展望が期待されています。

まず、この新しいタイプの金融主導型資本主義は地域社会の発展が、大手金融市場を動かす仕組みであり、例えば一家庭の人が地域にある銀行や、お店の株を買い地域を発展させます。その結果、ミクロ経済が発展しいてはマクロ経済が発展するという好循環が起こり始めます。なにも大手金融の株に限らず、自分の地域の信用金庫の株でも構いません。この流れが、新しい金融主導型資本経済の仕組みであり、個人が主役になります。

今後の金融主導型資本主義においては、個人の地域の発展に投資、つまり地域株の買いによる、マクロ経済の発展、これがアジア地域の発展、世界経済の発展につながる流れになりウィンウィンの関係が出来上がります。

過去の投資スタイルは古い形であり、大手企業の独占市場でありました。今後の株式市場におきましては、大が小を巻き込む経済ではなく、小が大と共存する経済になります。ほかの言葉を借りますと、新プラウト主義、または新共産システムに近いもので、それは過去の共産システムではなく新しい仕組みの本当に豊かな共産型社会に近いものと言えます。この仕組みは、金融主導型資本主義という言葉ではありますが、従来のシステムとはまったく違ったものであり、全員が豊かになるシステムであります。

では、だれが何をしたらいいか、これが最大の疑問だと思いますが、身近なものに投資する、これだけで全体が豊かになります。自分の身近なもの、ですから毎日の生活で自分にも利益や楽しみがあります。

たとえば、自分が通っているジムに投資すれば、そこのジムが新しいマシーンを導入したり、あるいは綺麗なカフェに変えるかもしれません。ポイントは自分が使っている場所だ、という点です。自分に投資しているようなものです。

過去の株式市場は自分から遠い企業に投資していたため、実感がわかず日々の生活への変化が遠く感じられました。ですが、この仕組みですと、自分が投資したものが即座に自分に良い形で戻ってくるという、ウィンウィンタイプの経済でだれも負けがいません。しかも、その企業では自分のご家族が働くかもしれません。このような仕組みが流通しますと、小さくてもよいものに自然に人脈、通貨、などへバランスよく流通し好循環が生まれます。

この仕組みは最初は古い教育を受けた人は理解がむずかしいとは思いますが、実際バランスの良い理想的な市場が形成されるのを実感して考えが変わります。世界経済は徐々にこの方向へ転換している最中であり、地域株の購入は世界経済への新しい形の貢献になるというのが理解できます。今後の投資は遠い世界にあるのではなく、まさに地域企業への自分の投資が世界への発展の手助けになる、理想的なシステムです。

通貨がバランスよく流通することが一極集中型からフラット型へと変化するので、非常にバランスのよい世界経済が出来上がります。投資の形が従来型から次世代型に変化するときであり、その変化が良い変化です。

個人の投資が地域社会へ変わっていくことが、世界経済をも好循環にするという時代がさらに目前にきつつあります。

今後の資本主義、世界経済の実態は非常に明るいものであり、期待されます。

ロシアの投資家たちがユーロ圏内で焦る訳

russia

経済ニュースを見るたびに思うのですが、ギリシャ経済デフォルトが必要以上に騒がれています。しかも、ユーロ圏内に投資をしない銀行が世界的に多く、さらにギリシャデフォルトに拍車をかけています。この通貨が流通しないというのが、ロシア投資家たちがユーロ圏内で焦る訳となっているのですが、ギリシャ問題も重なり自由に経済的に国境をなくすという考えが必要です。実際、ギリシャの実体経済はさほど悪くなく、閉鎖されていた銀行も3~7日には再びあけており、以前のギリシャ破綻とは内容がまったく違っています。ギリシャの国民意識、教育レベルが過去よりも高くなっており経済復活が非常に簡単です。この事実をロシアの投資家がわかれば、ギリシャに戻ってくる可能性が非常に高くインターネットで情報を読むことを考えますと、回復はかなり早いです。

実際さらにギリシャに投資しているロシア人も見られます。彼らは非常に成功しているビジネスマン、または企業家であります。英語の経済記事を読まれれば実態がわかると思います。今日、ビジネスマンやビジネスをされている方々ほど情報がはやく、インターネットで即座に収集しますので、デフォルトが起きたからといってその状態が長く続くというのがないのです。

ギリシャ問題も重なり、自由に投資したほうがロシアの投資家にとっても良い結果になるというのが本人たちのためなのですが、一部のロシア投資家は非常に考えが古いのです。その正体はアナログ媒体を使って情報収集する投資家です。彼らは情報収集が遅いので、行動が遅れます。その結果がギリシャデフォルトの要因の一つです。

さらにはドイツのメルケル首相の発表、アメリカ大統領の発表、経済指標、金利の上昇などなど、要因は多々ありますが最大の原因は彼らの思考がアナログ型で変化が遅いのが理由です。実体経済は、破綻して数日から上向いており、その情報をインターネットで読んでいる一部のロシア投資家は利益を出しています。これは、英語の経済紙を読むと証拠がでます。なのでここでいう焦っているロシアの投資家とは、一部のロシア投資家をさしているのでありユーロ圏内で焦っている投資家もいる、という意味です。

最近一部のロシア投資家が利益を上げているのを知り、アナログでの情報収集が多いタイプのロシア人投資家が戻っています。ただし依然、ギリシャ経済を疑っている一部のロシア投資家もいるのが事実であり、彼らは過去のデーターにしたがっているのであり、今回の経済破たんの内容がわかれば変化する可能性が非常に高いです。

今後、ギリシャ問題も重なり、自由に通貨を流通させれば良いのです。ギリシャ通貨とユーロの混在で良いのです。ユーロ圏内に投資をしない銀行もすぐに考えも変わるというのが古いタイプのロシア人投資家には理解できないようですが、時代は変わっています。ギリシャ問題も重なり、自由に国境を考えることなく投資すればギリシャ問題はあっというまになくなります。これは多くの経済学者が言っている事実です。ロシアの投資家たちがユーロで焦っているといのは全体からすると一時的な現象であり、統計的にもギリシャの経済復活は高いです。

また、現在の経済システムの以前と様変わりしており今後ロシアの投資家も気づくのが速くなるでしょう。その時は、銀行もユーロに投資を始めていますし、まったく問題がないとわかることでしょう。

ギリシャ問題は一時的なものであり、マクロ経済においては投資家があせっているのがさらに経済を悪化させているので、今後かわるでしょう。そうしますと、銀行も投資をはじめ、難しい問題は即座に解決されるでしょう。インターネットの時代なのです。

ユーロの恩恵

euro

ギリシャの財政問題についてはよくニュースにも取り上げたれておりご存知の方も多いと思います。その中でもよく耳にするのが「ユーロ圏」という言葉。そもそもユーロ圏とはどういうものなのか、今一度確認しておきます。

ユーロ圏には、まず、「欧州連合(EU)」「ユーロ圏」というものの、2つを同時に理解しなければなりません。
EUとは、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。European Unionを略したものであり、現在、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなど2013年7月のクロアチアの加盟により、現在は28カ国まで増えたヨーロッパの地域集合体のことを指します。もともとEUとは、欧州連合の略で1993年に、前身のEC(欧州共同体)から拡大するかたちでマーストリヒト条約をうけて誕生しました。そもそもECは、第2次世界大戦のあとにもうニ度とヨーロッパで戦争をしないように、そして経済力を高めてきたアメリカや日本に対抗をするためにという理由から設立されたのです。

つまり、各国で協力し合い、経済を発展させていく取り組み行うするグループなのです。
EUが誕生してからいくつかの新しい取り組みは以下の3つが主になります。

・貨幣がEU圏共通のユーロに統一
・加盟国間の関税が撤廃
・パスポート不要

この貨幣を統一することで国がかわるごとに両替をしなくてすむようになりました。
ユーロ圏では、EUに加盟する国々のうち、「ユーロ」という共通の通貨を使う国々をEUと指しています。
ユーロ圏に訪れる個人から見れば、国境を越えていくつもの国を訪れる際などには、その都度違う通貨に両替しなければならないデメリットが消え、旅行や買物に非常に便利になります。企業にとっても、貿易をしたり、これらの地域に投資をしたりする際の手続きが簡単になり実行しやすくなります。このようなメリットを世界の人々に与えることで、ユーロ圏内の経済が活発化することを狙って統一されました。

貨幣の障壁となるものをできるだけ取り除いた単一の市場となるように扱われていますが、イギリスやスウェーデンのようにEUには参加しているにも関わららず、ユーロを採用せずに自国独自の通貨を使用している国もあります。同じ通貨を使用して統一の金融政策の下で国策を実行するとなると、その国の経済事情にマッチした政策をとる自由度が減ってしまう場合も存在します。また、通貨のユーロにはまだ歴史が浅く、実際に流通しはじめたのは2002年からとなり、イギリスの場合は、通貨であるポンドに変えユーロを使用することに国民の抵抗感もあったといわれています。

また前述のとおり、複数の国で同じ通貨を使うということは、各国統一の金融政策の下、一定のルールを遵守するという前提が求められます。現在は、財政面で問題を抱えるギリシャが、ユーロ圏にとどまるのか、離脱するのかが注目されていますので予断を許さない状況にあります。この結果が世界経済にどんな影響を与えるのかはまだわかりませんが、多かれ少なかれ日本経済にも影響が出るため注目していく必要はあります。

では、そのユーロを採用している国としては、金融政策を決めるのはどこかというと、ユーロ圏では、欧州中央銀行(ECB)が中央銀行として、金融政策を決定しています。その決定の元、大きな恩恵として、輸出入する際の関税が撤廃されました。その製品自体に税金をかける手法を撤廃しEU間の国々貿易がしやすくなりました。そしてEUに加盟している国を行き来するのにパスポートが不要となったため、隣の国から出勤、通学をするという光景も増えています。

EUの未来

euro02

1960年代の後半、現EU加盟国であるドイツ、フランス、イギリスを含む欧州諸国が、アメリカや日本に全く太刀打ちできなくなったことに始まり、両刃の刃を覚悟の上で、共同体化することで打破しようとしたのがきっかけです。共同体となることで、市場マーケットの拡大や利益を拡大し、日米に対抗しようとしたのが目的でした。

当初、欧州統合を最も積極的に推進してきたのはフランスです。EC(欧州共同体)の基になった1951年の欧州石炭鉄鋼共同体創設の立役者ジャン・モネは「ECの父」と呼ばれ、1985年から1995年までEC委員長・EU(欧州連合)委員長を務めたジャック・ドロールは「ミスター・ヨーロッパ」とも称されました。二人ともフランス人であります。「欧州をアメリカ人や日本人のための博物館にしてはならない」とドロール委員長が語っているように、フランスが欧州統合を積極的に進めた理由の一つは、米国さらには日本への対抗意識が大きくあります。

二つ目の大きな理由は、隣国ドイツの存在でしょう。ナチス・ドイツ復活への猜疑心・ドイツの大国化への警戒感が欧州統合の原動力になったと思われます。フランスの政治力、ドイツの経済力を合わせ、欧州域内平和を目指すと同時に、アメリカと日本に対抗する大欧州を目指したのであります。ドイツは、民族の悲願である東西両ドイツの統一を見返りに欧州統合を選択、その結果としてマルクを捨て、ユーロを選択することになりました。

今現在もユーロ相場は大きく下落しており、対ドルでは、昨年末の高値から1.2ドルを割り込んでいます。欧州統合については、これまでも幾多の苦難があり、その度にを乗り越えてきましたが、これまでは主として経済においての障壁であり、経済は結果でした。しかしながら、ギリシャ危機を目の当たりにし、EUは必ず失敗に終わると確信しました。

フランスの大統領の言葉にあるように、「欧州統合が経済通貨統合のみに専心するものとなり、社会的・人道的要請に応えることができないならば、市民の支持を失い、欧州統合自体が困難となる。雇用問題や社会的疎外の問題に正面から取り組み、国民の連帯を維持・強化した社会モデルを構築していく必要がある」と推進していたフランスでさえこのように表明しています。

EUには共通通貨のルールがあるために、これまでのように各国が個別的通貨切り下げによって事態に対処できなくなっています。格差のあるユーロ圏経済が将来的に統合されうるという見通しに対して、市場の信頼性は低く失っていると言わざるを得ません。それにもかかわらず、欧州単一通貨を如何にして救済するかについて議論が行われ、結果行き詰まっています。その理由は、前述のとおりユーロ圏の支配的大国であるフランスとドイツが、域内の協調を深める必要性には合意しているものの、その協調を達成する施策について大きく食い違っているからです。

問題を抱える政府は、はるかに困難な自らの政治的決定による緊縮削減的経済政策の採択を余儀なくされています。ギリシャ問題もあり、フランスを先頭陣営は、ユーロ圏内に「ヨーロッパ経済統治機構」を創設し、政治主導で、富裕国から低所得国に富を移転させる金融財政政策、企業所得税や労働コストの引き下げ競争防止など、域内各国間の経済社会政策の協調を行おうと提案しています。

ドイツは、借り入れ、支出、競争条件などのルールを厳しくする事で、ユーロを救うべきだと考えており、このルールに逸脱する国には、EU基金の支出停止や、閣僚会議での投票権停止を含む罰則を課すべきだと主張しています。基本的なユーロ圏統治政策に関してフランスとドイツの合意が欠けているものの、今後とも不一致が続くと想定するのは時期尚早で、衝突のほとんどは容易に解決されそうにはないですが、将来的には妥協せざるを得ないでしょう。

結局、ドイツが厳格な財政規律を求めているのはEU内でもドイツ自国のみの一人勝ち状態の籠城であり、外向けの立場である発言なのだと思います。EU高官は、制裁論議はナンセンスだともらしていますが、フランスやドイツが自ら制裁を受け入れ、投票権剥奪を容認する事などはあり得ません。フランス側提案の、再配分には政治統合を飛躍的に深化させる必要があり、同盟深化には加盟国の多くは意欲を持っていません。ほとんどの問題は、経済成長の可能性と、この危機の教訓を正しくヨーロッパが学びうるかにかかっているのです。

欧州の今後

欧州の問題を左右するであろう政策分野のうち、よく挙げられるものとして、隣国問題があります。

「アラブの春」の後遺症はすでに地中海沿岸諸国に混乱と対立をもたらしていたが、次はロシアがEU東部との国境地域でウクライナへの干渉を問題を起こしている。多くの外交官は、ロシアがウクライナ国家を機能不全に陥らせ、ウクライナを勢力下に置けなくても西側諸国の勢力下にも置かせないつもりではないかと危惧(きぐ)しています。

EUにとって、ウクライナへの支援を試み、ロシアとの敵対関係にうまく対応することは、地政学的な難題と言え、EU加盟国の思惑とは裏腹にプーチン大統領はそうさせてくれないと思われます。

また、EU内に避難してくる不法移民の数が急増しています。不安定な政治情勢から、年々数は増えており、EUはすでに人道的な支援が迫られ、危機に直面しています。リビアからイタリアに渡ろうと地中海で溺死した避難民の数は数百人に上るそうです。避難民が上陸する場所であり、その費用の大半を負担していると主張する南部欧州と、避難民が行きたがる欧州北部との間では、すでに緊張が高まっています。その上、政府関係者らはウクライナからの移民増加にも備えています。

問題となっているのは、移民だけではなく、圏内での労働者が自由に移動する権利を有していることで、EU内の移住者の問題は、EU各国で厄介な政治問題となってきています。イギリスでは、早々に移民抑制をスローガンに掲げる反EUの英国独立党(UKIP)が、世論調査で支持を得ています。イギリスでは、EU脱退の是非を問う国民投票を2017年に実施する方針で固めました。

今、ヨーロッパで議論されているのは、この欧州社会モデルの核となる価値を維持しながら、共同体型の制度を根本から見直す必要に迫られているのです。もし、自由市場を絶対とする社会モデルが唯一のグローバル・スタンダードだとするならば、この欧州社会モデルに未来などはありません。しかしながら、あの奢り高ぶるレッセ・フェールでさえ、崩壊してから時はまだ経っていない数年前の話なのです。現在までのところ、明確な形で示されたモデルはありませんが、将来の欧州社会モデルの姿を窺わせるいくつかの提案は既に出されている頃だと思います。

銀行問題からのG20

bank

【ルクセンブルク】欧州連合(EU)の財務相らは19日、「大きすぎてつぶせない」銀行の問題に対処し、大手銀行の破綻処理費用を納税者に負担させないようにするための法案に合意した。同法案は今後、欧州議会の承認を得る必要がある。この妥協策は、EUが指名した専門家グループが数年前に提案した規則ほど広範に及ぶ内容ではない。最新の法案で域内大手30行は、自己勘定取引を通常業務から分離することを求められる。これとは対照的に米国の「ボルカー・ルール」は、銀行の自己勘定取引そのものを厳しく制限している。

提案された法律は、トレーディング活動の規模が1000億ユーロ(約14兆円)を超える銀行に適用される。適用対象行は英バークレイズ、ドイツ銀行、仏BNPパリバなど。EUの財務相らが合意した法案は、自己勘定取引の制限を銀行に余儀なくさせたり、リスクの高いトレーディング業務をより安全な融資業務から分離する権限を各国の銀行規制当局に与えたりする可能性がある。欧州委員会のヒル委員(金融安定・金融サービス・資本市場同盟担当)は「われわれは本日、合理的、実用的かつ釣り合いの取れた妥協に至った」と述べた。ただEUが提案する法律は、トレーディング業務にからむリスクの抑制や銀行業務の分離を意図とした同様の法律がすでに制定されている国では適用が除外される。これは英国への譲歩とみられる。英国では、リテール(小口金融)業務と投資銀行業務の分離を銀行に強いる、いわゆる「ビッカーズ・ルール」が導入されている。

とありました。

この銀行の問題はTBTF問題とも呼ばれますが、この言葉が世界で流行したのは、2007年サブプライムローン問題の頃からです。その会社がつぶれてしまうと困る人が世界中に溢れて社会混乱を招いてしまうから、政府としては潰したくても潰せない、という話なのですが、果たしてそれは本当かという懐疑的な声も当時は挙がっていました。

翌年である2008年には、世界を揺るがす金融事件である、投資銀行リーマンブラザーズの破綻が起こり、64兆円にも上る巨額の負債の煽りを受けて、世界中の金融機関・企業が大変な損失を被りました。連鎖的に生じた世界不況から経営危機に陥ったところもたくさん出ました。

この経験を踏まえ、大規模な金融機関が消滅してしまうと世界規模の大不況を引き起こすこと成りかねないと痛感し、先進国(G20)によって「規模が大きすぎて潰したら大変なことになる銀行リストを作成するべき」という声から、「Global Systemically Important Banks」、略してG-SIBと呼ばれるリストが生まれました。

2013年11月時点で、29もの銀行が対象とされており、日本の銀行では、みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行が含まれています。

古希祝いのパーティにおすすめ

古稀には様々な祝いかたがありますが、古稀を迎える本人がお祝い好きという人ならば、サプライズとしてパーティを開くというのもよいでしょう。
古稀を迎える人に内緒でパーティを企画し、当日、飲み会などと伝えられていた本人は料理屋さんで古稀のサプライズパーティということを知り、お祝いをされます。
こういったパーティには、普段会うことが難しい遠方の知り合いなども呼ぶことができれば、その喜びも増すでしょう。

サプライズパーティなどで選ばれるお店は、ワンランク上の雰囲気の良い和食店がおすすめとされており、また実際に利用されています。
ほかにも、周りを気にせずに家族や知人だけで楽しいひとときを過ごすために、個室のあるレストランというのもおすすめとなっています。 お得な長寿祝いのメニュープランを用意しているレストランもあるため、古稀が近づいてきたら早めにチェックし始めると事がスムーズに運びます。
古稀祝いのためのインターネットサイトもあるため、活用しつつ雰囲気の良さそうなところを選びましょう。

祝いのパーティの席でプレゼントを渡す場合は、花名前の詩など心のこもった物を渡すと良いでしょう。
古稀を迎える人の名前から、あいうえお作文のように詩を作成します。 そうしてできた詩を華やかなイラストとともに額絵にしてくれるサービスもあるため、花名前の詩を送る場合はサービスを提供しているお店に依頼しましょう。
ほかにも、オーダーメイドの人形やカタログギフトなど、選択肢は多くあります。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 自己紹介

    こんにちは。為替と相場が良くわからんという方は平和で何よりです。。 新しい金融主導型資本経済の仕組みを目指し、日々勉強中の毎日です。現在は仕事の関係でロシアから更新しています。
  • ↑ PAGE TOP